日本ヘルメチックス株式会社

工業用ゴム系強力接着剤

ネオボンド№B

ネオボンドは合成ゴムを主成分にした万能タイプの工業用強力接着剤であります。ネオボンドには結晶度の高いクロロプレンゴムを主成分にし粘着維持時間の長い№Bがあり、いずれも柔軟性、耐振動性がよく、自動車、車両、船舶、航空機、電機、製靴、その他の諸工業で広範囲に使用されております。

neobondB
 容 量 :  100gチューブ
500g
1kg

特長

  1. 万能タイプで各種材質に対してよく接着する。
  2. 乾燥後の皮膜は柔軟性がよく、振動や曲げに耐える。
  3. 粘着時間が長く、作業性がよい。

用途

金属とゴム、金属とレザー、金属とモルトプレン、金属と石綿板、ゴムとゴム、モルトプレンとモルトプレン、ナイロンと皮革などのほかレザー、布、皮革、合板、石綿板、ゴム引き布、カンバス、プラスチック、フォーム、木材など硬質と軟質、軟質同士の接着に最適。
(シリコーン、フッ素、ポリエチ、ポリプロには不適です。)

項 目 ネオボンド№B
外 観 淡黄色液状
粘 度 5,500cp at25°C
比 重 1.0
加熱残分 40±3%
指触乾燥時間 5~10mm
粘着維持時間 20~30mm
貯蔵期限 1ヶ年

使用法

ネオボンドはハケやヘラで薄く(厚さ約0.1~0.2mmまたは、必要厚に)均一に塗布すればよいが、完全な接着力を得るためには次のことを厳守してご使用ください。

(1)接着物の表面処理

金属面… 表面の錆、水分、油、汚れを完全に除去して下さい。サンドブラスト、サンドペーパー、サンダー等で粗面にすると接着力は増強します。
ゴム面… 表面の離型剤、油分、汚れなどを完全に除去して下さい。ゴム用ワイヤーブラシ、サンドペーパーなどで表面を粗にし接着面積を増大して下さい。
皮革面… サンドペーパー、ワイヤーブラシ、起毛機等で起毛して接着剤の浸透をよくして下さい。
その他の材料もすべて上記に準じて表面処理、脱脂を行うと接着効果が増大します。
(2)接着方法

常温接着法: 接着物の両面にブラシ、ヘラ、ローラー等で均一に塗布し(通常1回塗り)、5~30分放置して溶剤を十分蒸発させてから接着し、手、ハンドローラー、プレス等で数分間圧着します。
乾燥し過ぎた場合は表面を溶剤で拭き粘着性を出してから新ためて接着して下さい。
加熱加圧法: 最も強力に、しかも短時間できる方法で、常温法で接着したのち100~150°Cで3~7kgf/cm²に加圧し、10~30分以上加熱加圧します。
溶剤タイプの接着剤は接着までの乾燥放置時間(オープンタイム)および接着後の経過時間によって接着強さが変化します。短時間で強度を出すためには接着するまでにできるだけ乾燥して下さい。

注意

  1. 使用前にはよく攪拌して下さい。稀釈するときは当社別売のネオボンド稀釈剤をご使用下さい。
  2. 使用後は必ず蓋をして冷暗所に保存して下さい。
  3. ネオボンドは無害ですが引火性がありますので、火気に注意して下さい。

注意:ページ内のデータは、当社の試験によるものです。使用に際しましては、貴社にて、テストの上お確かめください。
尚ページ内の記載内容は、お断りなく変更することがございます。