ページの末尾へ


 ヘルメタイトKE‐50F は、二液型弾性エポキシ系接着剤で、
硬化後は弾性接着性能を有しているので、はく離強度、耐衝撃
性に優れており、硬質材料、プラスチックス材料等の各種被着体
に強い接着性を示します。



 ■ 一般性状
項   目
ヘルメタイトKE‐50F
主 剤 (A液)
硬化剤 (B液)
外   観
黒色ペースト状
淡黄色透明液状
主 成 分
特殊変性エポキシ樹脂
特殊アミン系化合物
固 形 分
100 %
100 %
粘 度(cP/25℃)
33,000
300
比   重
1.1
1.0
配 合 比
A 液/B 液 = 100/5 (wt比)
可使時間
約40分/20℃
ゲル化時間
約60分/20℃
硬化物硬度
ショアー A 60
耐 水 性
− 0.6 %
(JIS−K−6820 50℃×16時間硬化)
硬化条件
16時間/50℃ 又は 24時間/25℃
用   途
 硬質材料、プラスチックス材料等の各種被着体に良好な接
着性を示しますので、自動車、車輛、精密機器、電子機器、
建築関係(シール材、ハニカムパネル)等の接着用途にご使
用頂けます。


 ■ 接 着 性 能

    
1.T型はく離接着強さ
アルミ+アルミ
( kgf/25mm )
   

   
16時間
24時間
120時間
240時間
25℃
――
13
16
16
50℃
16
16
16
16


  2.引張りせん断接着強さ      養生条件:50℃×16時間               
                   (kgf/cu)
面 版 表 面
引張りせん断接着強さ
ア ル ミ
62  (凝集破壊)
79  (凝集破壊)
ス テ ン レ ス
82  (凝集破壊)
エ ポ キ シ 塗 装
58  (凝集破壊)
ア ク リ ル
72  (凝集破壊)
       
66  (凝集破壊)


  3.クライミングドラムピール試験  養生条件:50℃×16時間
 
面  版
80℃

処理時間
はく離トルク(kgf-mm/mm)
はく離形態
フィレット

形成性
Av.
Max
Min
A 5052 H 34

生 地 面
  0 時間
7.48
8.35
6.59
Fb(100)※
100 時間
8.07
9.08
6.99
Fb(100)※
300 時間
6.51
7.55
5.48
Fb(100)※
        ※ Fb(100) : フィレット部凝集破壊


 ■ 適 用 箇 所
 
   ● 加熱が困難な材料の接着。
   ● 熱膨張係数差の大きい異種材料の接着。
   ● 温度差の著しい箇所の接着。
   ● 衝撃及び振動のある箇所の接着。
   ● 割れやすい材料の接着。
   ● 凹凸の激しい材料の接着。

               
トップへ

ページの先頭へ