ページの末尾へ


 ヘルメボンド W は、大気中湿潤面、水中を
問わずよく接着するようエポキシ変性樹
脂を利用した2液性パテ状多湿面用充填
接着剤です。

 
   特 長

1. 不揮発分100%のため、硬化収縮はほとんどありません。
2. 主剤・硬化剤の配合比は1:1です。
3. 使い易いパテ状です。充分混練してから、圧着して下さい。
4. 水分があっても、被着体に完全に接着します。
5. 水中であっても流れることなく、施工が出来ます。
6. 圧縮強度、曲げ強度は、コンクリートの2〜3倍あります。
7. 防水性に優れています。
8. 柔らかいパテ状で、作業性が良く、年間を通して使用出来る、
夏・冬兼用タイプです。

 用 途
1. ヒューム管、塩ビ等の湿潤面、水中における亀裂、漏れの肉盛り、補
修充填、接着等に使用出来ます。
2. 特に水を遮断出来ない場合の接着、充填、補修等にも使用出来ます。
3. 水中・海中作業等の接着、充填にも使用出来ます。


 施工例



 特 性

  ● 性 状 

項    目
主   剤
硬 化 剤
主 成 分
エポキシ樹脂
ポリアミドアミン
外  観
硬化前
白色パテ状
灰色パテ状
硬化後
灰色
配 合 比
100 : 100
比   重
1.7
可 使 時 間
    25分   at 20℃
指触硬化時間
 2.5時間 at 20℃
使 用 温 度
+60℃まで
 
  ● 物 性    

項    目 単  位 強  さ 試 験 方 法
引 張 り 強 さ N/mu 21.6 JIS K 7113
曲 げ 強 さ N/mu 39.2 JIS K 7171
圧 縮 強 さ N/mu 83.4 JIS K 7181
引張剪断接着強さ
(鉄+鉄)
N/mu 16.7 JIS K 6850
曲げ接着強さ
(モルタル+モルタル)
N/mu 5.7
モルタル破壊
JIS A 6024
硬   さ ショアーD 85 JIS K 7215
    ※硬化条件:20℃×7日間

  ● 可使時間・硬化時間    

温  度
5℃
10℃
20℃
30℃
40℃
可使時間
60分以内
40分以内
25分以内
15分以内
10分以内
硬化時間
約14時間
約8時間
約4時間
約2時間
約1時間



 使用方法及び使用上の注意

施工面の水垢、レイタンス、錆、油脂類の不純物を充分除去して下さい。
主剤、硬化剤を定められた配合比(重量比1:1)に計量し、ゴム手袋を水で
濡らし、硬化剤で主剤を包み込む様に、粘土を練る要領で、均一(灰色)にな
るまで練り合わせます。
施工個所に充填し、手で圧着しながら仕上げます。
主剤、硬化剤を混合したものは、可使時間内(30分)に使用して下さい。
混合時において、必要以上に水をつけますと、物性低下を起こしますので、
注意して下さい。
皮膚に付着した場合は、石鹸等でよく洗って下さい。
ヘルメボンド の取り扱いにはゴム手袋を使用して下さい。
施工の条件等は当社の管理外ですので、製品の交換以上の責任は負いません。

  ★ 容量 1kg set.10kg set.

詳しい内容につきましては、弊社までお問合せ下さい。

トップへ前へ

ページの先頭へ